泊支署

泊支署

過去の記事はコチラ

【泊支署】
機関名 岩内・寿都地方消防組合消防署泊支署
岩内・寿都地方消防組合泊消防団
所在地 〒045-0202 古宇郡泊村大字茅沼村字臼別191番地7
電話番号 TEL:0135-75-2104
FAX:0135-75-2103

泊村千畳敷 救助事案想定訓練

令和4年8月25日(木)と9月14日(水)の2日間で、泊村千畳敷において過去の救助事例を元に実際の活動を想定した救助訓練を実施しました。

泊村千畳敷は毎年釣り客の来訪が多く、それと比例した形で転落・転倒事故も多く発生しています。

今回はそのような事故において迅速かつ安全に要救助者を救出するべく、都市型救助資機材等を駆使し各隊員のスキルアップと活動隊の連携をより深めることのできた訓練となりました。

昨今の多種多様な事故・災害を想定した訓練により今後もスキルアップに努めて参ります。

水難事故防止の啓発活動について

岩内警察署・泊村役場・泊支署は、令和4年8月6日(土)及び8月11日(木)に茂岩海水浴場と堀株海水浴場で、

海水浴場の利用客に対して水難事故防止などを呼び掛ける合同啓発活動を行いました。

海水浴場の利用客には、「高い波のときは海に入らない」「飲酒後は海に入らない」「子どもから目を離さない」などと

記載されたリーフレットを配布しました。

とまり保育所 消防訓練について

令和4年6月15日(水)、とまり保育所にて消防訓練が行われました。

訓練後には、消防車の乗車体験が行われ、子どもたちが目を輝かせながら消防車に乗る姿が印象的でした。

現在、泊支署では新型コロナウイルス感染症対策を徹底の上、消防訓練の立会いを行っておりますので訓練を計画される事業所等の皆様におかれましては、泊支署予防係までお気軽にご相談ください。

 

山岳捜索訓練について

5月18日(水)に岩内警察署・泊消防は、モヘル林道において遭難者の発生を想定した合同捜索訓練を行いました。

現地に設定した指揮本部と捜索隊、泊消防で連絡を取り合い、GPSと地図を用いて行方不明者の早期発見を目標に活動しました。

海難防止啓発活動について

令和3年2月22日(月)に発生した、兜千畳敷における海中転落死亡事故を風化させない為に、2月12日(土)に小樽海上保安部・岩内警察署・泊消防は、昨年に引き続き釣り人に対して海難事故防止を呼び掛ける合同啓発活動を行いました。

兜千畳敷で釣りをしていた約30名へ、釣りを安全に行うために、ライフジャケットの着用や天候確認を促すリーフレットを配布しました。